峰峰峰峰峰峰峰

プとかPとか よい子のみんなは読んじゃだめだよ

改造プラレール#8 神鉄1000系

 いろいろ疲れすぎて13時間くらい爆睡してたらカンペ作る時間なくなってやばいオタクです。どうも。

 今回はねりま7向け新作、神鉄1000系のご紹介。3タイプ7両と割とおおめです。では、やっていきましょーー

神鉄はまともな写真がないです。いつか撮りにいきたいですね。

 さて、まずはお顔から。今回は自分で切り出すのがめんどかったので、データだけつくってカメにプロッターで切り出してもらいました。

 続いては車体。今回は2扉のデ1100,サ1200、3扉の1500,1600,デ1070を製作したのですが、このうち2扉のものは顔と同様にプロッターで切り出し、3扉は205金型を加工して作りました。

コンピュータ技術は自力更生の証。



パテ盛りとか。

 んで、切り出してもらったこれらを組み立てて屋根と接合。屋根は余ってた205金型のものを拝借。

かお!

 

やね!

つけた!

 ちなみに、中間車の設計は先頭後尾とほぼ共通。普通の製品のそれより4ミリ程長いので、屋根を延長しています。

 3扉車はわりとありきたりな加工。

あるある

 その後、接合部やおでこの処理、屋根の処理を行えば、プロッター側の大体の加工は終了。3扉はサッシの再現などを行います。

こんなもん

 屋上機器はGOGOトレインの山陽3000のパンタと神戸市地下鉄のクーラーを複製して使用。

 最後に塗装です。使用した塗料は次の通り

タミヤ マットホワイト

タミヤ イタリアンレッド

タミヤ サーフェイサーライトグレイ

クレオニュートラルグレー

クレオス クリヤー(つや消し)

 最後に色差しと方向幕の貼付を行えば、完成です。

 中々よさげなのではないでしょうか。かっこいい。以下各車両詳説になります。
1.デ1100+サ1200+デ1100


 1969~72年にかけて製造された2扉3両車です。1000系といえばこれですよね。車体は前述のとおりプロッター。中間車の設計をやらかしたのを少し後悔していますが、バランス的にこれ以外にやりようがなかった気もしますね。

 

2.1500+1600+1500

 

 1991年、2000系予備及び800系代替として最後に導入されたグループです。205金型を必要最低限だけ加工して製作しました。国鉄111系列がこの程度の加工でもそれっぽくなるのでまあいけるやろってノリです。まあそんなに悪くはないですよね。

 

3.デ1070

 

 1974~76年にかけて増備された、増結用の単行です。基本的な加工は1500と同じですが、両運化改造を行っています。実車は1両しか現存しないんだとか。幕は今はなき快速です。そういえば、種別の序列が快速>急行なのって神鉄東武だけなんですかね。

 

 さて、けっこう後の方になりましたがこいつらの製作動機を少しだけ。

 実はぼくが神鉄車を作るのはこれがはじめてではないんですね。2018年8月頃に3000系を1両だけ作っていたりします(現存せず)。

この時はなんとなく親子写真を撮るためだけにノリで作ったわりと適当な作品だったんですが、いざ新開地に行ったら1000の絶妙な不細工さに惚れてしまいまして……いつか作ろうとはずっと思っていたのですが、まあそれなりの技術を要するよなと思いずっと手を出せずにいました。ですが、あれから4年の時を経た今、もう作ってもええやろとなりまして、一気にやってみちゃいました。それなりによさげなのが出来たので後悔はしてないです。

 最後になんかたまたま被ったねりま7の写真諸々を紹介して終わりにしましょか。

 それでは!

ホーム配置だけは新開地っぽいなにか。薄汚れた地下駅もいいですが、地方私鉄感漂う地上駅にも似合いますね。

神鉄を代表する3車種並び(2000と5000はとーかそ)。実は3000リメイク計画も進行中です。

全部盛り。数は正義。

神鉄といえば温泉。温泉といえばアイドル。



 

改造プラレール#7 京王7000系

 どもです。眠いオタクです。

 今回は京王7000系のご紹介。あのいろいろあるステンレスカーですね。ぼくはわりと好きですよ。今回は写真少なめなのでちまちまはしょりつついきましょうか。

登場時の姿。この当時は池袋まで行ってたんですね。準急も初耳。

 種車はいつも通り209。まずは側面および屋根のモールドを爆破してきます。ついでにクーラーもなかったことに。大体削ったら窓に2ミリプラ棒をはめ込んで二分割。そして別で作ったお顔を接着したら全体にラッカーパテをもりもりしていいかんじにきれいにします。

 んでんで、ラッカーとかを削ったら、0.5ミリプラ板を使って窓枠を再現。これが終わったらコルゲートを貼り付けていきます。あっ、お顔の方は別記事で解説させていただきますね。いつになるかはわからん。

大分いちま…………ななせんっほくなりましたね。

 ここまできたらあとは塗装ですね。塗料は家にあったそれっぽいものをかき集めて適当に。あとは色差しとか方向幕とか貼り付けたりとかしたら完成です。

 どうでしょうか。結構それっぽいのではないでしょうか。かっこいい。

(やべえ、これ以外の感想が思い付かん。ノリで変なの作るとダメですね)

 よく似ている東武線と並べてみるとこんなかんじ。

 似てる。ほんとによく似てますね。絶対同じものからつくっただろ。

 文才なさすぎてほんとに京王7000系作ってる体で解説するのしんどくなってきた。もう寝たいのでオワリッ!!!

改造プラレール#6 京王6000系5扉車

 はい、どもどもどもどもども。コーラはコカコーラ一択の七峰です。そういや4日くらい飲んでないな……飲まなきゃ(使命感)
 今回は京王6000系5扉車のご紹介。ついったの過去ログ漁ってなんとか画像かき集めてきましたよ。過去の言動がキモすぎて泣いた。まあそれはさておき、早速やっていきましょー

京王なんて縁ないから実車画像はないお

 種車はいつも通り209。まあなんでもいいとおもいます、ダブルデッカーからキハ47作る人もいるくらいだし。
 まずはお顔を作りつつ側面をいじいじして扉を増やしていきます。車端はそのままに扉間の窓と真ん中の扉の配置を替えていく感じですね、そんな気がする。

うぃ
ナイスホリデー(きょうはだいがく)
全然写真なくてないた

 んでんで、接合部を瞬着とプラカスでがっちがちに補強したら側面にパテ盛り。その後適当に削りつつ、屋根の諸々を爆破してまっさらにします。

もろもろ 適当に密造もどきしてたから記録がねえ

 ここまできたらもう加工も終盤ですね、多分。この後屋根に205のクーラーを接着して、仕上げの表面処理した気がします。

くーらー 三村かな子かわいい

 最後は塗装ですね。鉄道カラースプレー乱用しました、多分。

四ツ谷駅上智生でいっぱい。学コン。
そういや電装もしてました

 最後の最後に幕を作り貼り付けたら完成です。
 はい、どーでしょーか。かっこいいですね。いい。電装してよかった。

はいかっこいいノーベル平和賞

 かっこよすぎて実車との親子写真を撮りにれーるらんどまで行っちゃいました。いやあ、かっこいい。

自画自賛しすぎできもいっすね

 あっちなみに電装はこの日ぶっ壊れてライトのつく京王線からライトのつかない京王線になりましたとさ。陰湿。

は?

 まあこの後麦球の上から黄色を塗ったので多少マシにはなっています()

ぼくはこれでいいと思ってるのでいいとおもいます。

 はい、とゆーわけで京王6000系5扉車のご紹介でした。いつもきれいな締めが思い付かずに悶絶してるんですが、どーすればいいんでしょうね。まあみんなこんなとこまで読まんだろうし適当でいっか!!!
 それでは!!!

改造プラレール#5 キハ47

 お疲れ様でございます。七峰です。今週は忙しかったもんで、更新サボってしまいました()まあでも適度に忙しい方が生活リズムとかにも気を遣いますし、嫌なこともあんまり頭に浮かんでこないので悪くないですね。

 さて本題。今回はキハ47のご紹介。某K○Rみたく変わった工法は採用していませんし、絞りつけるのもサボっていたりするので、ちょっと物足りないかもですが、お付き合いいただければとおもいます、はい。

よんなな。米トウだお

 種車はいつも通り209。多分やまてせんとかつくばとかから作った方がよさげになったかも。しるか。

 まあとりあえず加工に入っていきましょか。

 まずは運転台後ろの客室窓を再現するために扉を移設。接合部をパテと接着剤でごりごりに補強したら車体にパテ盛りです。これくらいのタイミングでドア下に2ミリプラ棒を、先頭部に211の顔を接着しときます。ちなみに顔ですが、貫通扉の窓以外ら全て埋めてしまいます。

 

 そしてパテを削ったり屋根のモールドを爆破したりしたらお次はお顔の加工。とりあえず縁の角を取るように削って全体的に丸くして、一旦サフを吹きます。

はい

 そしたら窓枠や手すりなどを再現すべく、細切りにしたプラ板をちまちま貼り付けてヨンナナっぽいお顔にしていきます。

丸モールドとかは説明するまでもないですよね

 お顔がよさげになったらお次は側面。3ミリプラ棒(今回は2ミリプラ棒と1ミリプラ棒を加工したもので代用)を使って窓割りを制作(?日本語の表現むつかしいねー)して、その後0.5ミリプラ板で窓枠を再現。最後に2ミリプラ棒でサッシ(たぶん)を作ったら側面の制作は完了です。この辺で屋根のクーラー爆破跡も埋めた気がします。

窓割。やっぱこの辺で爆破跡うめてますね。

こんな感じ。ところで高3の頃英表のテストで6点だったことあるんですよ。日本語まともに書けん奴が英語なんて出来るわけない。

 そしたら屋上機器を鬼太郎から複製して塗装。首都圏色って赤何号でしたっけ。

さふ

よさげ。鉄道カラースプレーは正義。

 いいですね。かっこいい。最後に幕を作り貼り付けたら完成です。

 はい、どーでしょか。かなりよいのでは。一部界隈からは不評ですが、ぼくはかっこいいと思ってるのでまあいいんじゃないすかね(適当)

 それでは!!(強制終了)

しばくぞ

~ギャラリー~

幕。ぼくは米子Dの民です。使うときはこえかけてね。だれもおらんか。

旅するヨンナナ。サンライズで山陰行きたいですね。

よなご。まだそこそこ見られるのがうれしい。

 

改造プラレール#4 東武1720系 DRC

 割と伸びそうな記事だからという理由で優先して執筆してる系のやばやばオタクです、どうも。

 今回は1720系DRCのご紹介。151系みたいなアレです。

いかつい。岩槻に丸々1両保存されているみたいですね。

  さてさて、今回の犠牲sh……種車東武100系スペーシア。後輩格の車両を先代にします。

小さい頃はスぺ―シャーだと思っていた。

 とりあえず最初にこのクッソ忌まわしき床下機器再現部を埋めます。これなんのためにあんの。

ぼくは床下機器再現は好きじゃないです。なんかきもい。

 んで次は中間車のロング化。後尾車を2両適当にぺー--って切り継いで作りました。めんどいよねー。あっ、あとついでに必要ないクソデカクーラーくんも撤去しときます。

スペーシアとしての出来は最高ですが、種車としての出来は最悪です(プラレールは改造を前提に設計されてはいません)

 で、この後屋根に空いた穴をプラ板でふさいだり、お顔を切り落としたりしたらお顔のボンネット制作に入ります。

 ボンネットは基本的にはプラ板でから制作。寸法のメモとかはみんな忘れっちゃってるので写真だけ貼っときますね。

こんな感じ。大体気合と根性で何とかなります。日野茜もそう言ってた。

 この後ライトやサボなどのパーツを接着し、窓開け、庇をつけたらお顔の制作は大体終了です。

 かっこいい。屋上機器は乗務員室クーラーは山陽3000、キノコクーラーは16番用、パンタは205のものを使用しました。これらをそれぞれ屋根に接着し、雨樋や客用扉を車体に取り付ければ、加工は完了です。

かっこいい。客用扉はプラ板から作ったものの複製品を使用しました。

 最後に塗装ですね。使用した塗料はこちら

・車体:GMカラー 西武トニーベージュ

・帯:GMカラー 阪急マルーン

・屋根:タミヤ シルバーリーフ(多分)

今回はちゃんと窓枠も塗装しました。えらい。

 最後に色差しとHMの接着を行えば完成です。

 どうでしょう。中々よさげなのでは。結構手間もかかりましたし、自分でもかっこよくできたと思っているのでお気に入りの作品です。鼻が長いアレも制作法はほとんど同じなのでこちらの記事に写真だけ載せて別記事での紹介は割愛させていただきますね。

 それではまた!!

~ギャラリー~

鼻が長いあれ。ほんとに鼻が長いだけでそれ以外なにもないです。

10thファイナル両日現地の嬉しさから鼻が伸びてしまったんだとか(諸説あり)

歴代日光特急の並び。ぼくは1700系が一番すきです。

素材です。ご自由に使っていただいて構いませんが、連絡下さると有難いです。

 

改造プラレール 東武8000系列いろいろ

 どもども、昼休み暇すぎるぼっち大学生です。

 今回は東武8000系のご紹介……の前段階。プラレーラーを約6年やってきた中で一番製作数が多いということもあり、それぞれの形態差がものすんごいことになっているので、各車を細かく見ていく前にざっと全部おさらいしてみましょうというおはなしです。

 さて、自分は2017年頃より改造プラレールをやっておりますが、初の8000系列の作品はその年末、12/28頃の落成のようです。そこからほぼ毎年改良を重ねつつ製作。22年5月現在の延べ作品数は12or13編成42両だそう(多分)

 解説を軽くに留めてもとんでもない量になってしまいそうなので今回は作品画像、落成時期、種車、軽く偏見を交えて一言程度に留めておきます。 

 では、いきましょうか。

たくさん!(アナスタシア)

 

1.東武850型(無塗装)

・2017年12月末

・209金型

・現存せず(850型→東急8000系→怪レい京王7000系)

・無塗装回送の再現ではなく、帯塗装が間に合わなかっただけです。 

 

2.東武8500型セイジクリーム

・2018年5月頃

・205金型

・現存せず(8500型→8108Fツートン)

・実は動力車は元後尾車、後尾車は元動力車です。再改造の際にこの逆転は是正されています。

 

3.東武8000系8108Fツートンカラー

・2018年12月末

・205金型

・全車現役(後に方向幕「急行/池袋」貼付)

・まだギリギリ見られますね。8111ではありません。

 

4.東武8000系81118F新塗装

・2018年12月末

・205金型

・現存せず(先頭・後尾:81118F→8500型ツートン→81118F 中間:81118F→西武3000系→81118F)

・ツートンと同時に落成。帯の塗装がひどすぎて泣いてしまう。

 

5.東武8500型ツートンカラー

・2019年3月頃

・209金型

・現存せず(8500型→81118F)

・帯塗装がひどすぎた81118の塗り替え。中間は西武になりました。

 

6.東武8000系中期更新車

・2020年4月頃

・209金型

・全車現役

・ここからは大分マシになります。顔はぐりとま設計、クーラーは自作です。

 

7.東武8000系81118F新塗装

・2020年4月頃

・205金型

・全車現役

・未更新新塗装にリトライ。先頭後尾は8500ツートンから、中間は西武3000からのものと完全新規のものが1両ずつ。ツートンと西武中間は初代81118の再改造品なので離ればなれになっていた3両が感動の再会です。

 

8.東武8000系セイジクリーム

・2020年6月頃

・電動プラ電車

・全車現役(後に方向幕「池袋ー上板橋」に貼替)

・プラ電車シリーズ1作目です。流石におでこが広すぎますね。

 

9.東武8000系新塗装

・2021年6月頃

・電動プラ電車

・全車現役

・前作の反省を生かし、顔の寸法を修正しています。現在東武車で使用している自作クーラーはこいつから使用。

 

10.東武8500型新塗装

・2021年6月頃

・電動プラ電車

・全車現役

・間に挟み込まれているクハ、モハは20年春の製作のため、顔の寸法はセイジクリームに準じています。

 

11.東武8000系ツートン(8124F),サヤ8001

・2021年6月頃

・電動プラ電車

・全車現役

・非冷房時代の8124Fとサイリスタチョッパ制御試験車サヤ8001です。ツートン、かっこいいですよね。

 

12.東武3070系セイジクリーム

・2022年3月頃

・まさゆきくん(電動プラ電車)

・全車現役

・昭和62年末~平成2年頃まで見られた日光方のクハに霜取りパンタを設置した仕様。パンタ位置を弄る必要がないので楽でした。まさゆきくんごめんね……

 

 と、いうわけで8000系列全車のご紹介でした。3070系はカウントするか迷いましたが、見ようによっては8000系なのでよしとしましょう。

 各車両の細かい解説についてはまた後日気が向いたときにでも。それでは!!

改造プラレール#3 京阪5000系

 どうもです。ショッピングワンダーランド待ちの七峰です(ねむい)

 さてさて、今回は京阪5000系のご紹介。五扉をどのようにデフォルメして落とし込むかが肝です。

京阪5000系。多分去年くらいに引退しました。5扉車なら窓配置がきれいな京王6000系の方が断然好きです。

 ところで、プラレールで製品化されている通勤車は基本3扉ですね。んまあならば公式としては3~4扉車は3扉で表現しようという見解なんでしょう、多分。では、5扉車はどうするべきか、4扉にするのが自然ですね(ここ解釈不一致ポイント)

というわけで製品ベースで製作するなら種車はなんでもいいんじゃないかと思ったわけです。どーせ原型残らないくらいバラさなきゃいけないわけですし。

 と、いうわけで種車は何故か扉と車端窓が大量に余っていた205に決定。

……

…………

ごめんなさい嘘つきました。実はエレクトリーチカ(いつか紹介します)を作るために205の扉間窓が大量に必要になって使用したのでその残骸の活用法として京阪5000を作ろうと思い至りました。

つまり

京阪5000を作ろう→たまたま205の残骸が沢山ある→これ使おう

ではなく

エレクトリーチカで使わなかった残骸が沢山ある→これ活用したいな→京阪5000作ろう

ということです。因果関係が真逆ですね。

種車の残骸たち。エレクトリーチカくんがコルゲートのついた阪急6300みたいな厄介な形状してるのが悪い。

 

 さて、早速(?)製作に入りましょうか。まずは残骸たちをいいかんじに削って標準的な台車長にあわせ、屋根に接着。箱に戻していきます。

めんどいし手間もかかるんでおすすめしません。春休みの私文くらい暇じゃないと出来ないとおもう。

 これが終わったらお次は隙間埋めも兼ねて車体のコルゲートのモールド諸々をエポパテで埋めます。ついでに屋根もまっさらにしておくと効率が良いです。

エバラスを聴きながら執筆しています。原さんで泣いてしまった。

 この後各窓に1ミリプラ棒をはめ込んだらぼちぼちお顔の製作に入っていきます。

 

この当時はプラ板切り出すのは下手くそだわ丸棒ヤスリ使っていないわで散々です。

 とりあえずプラ板を切り出して作ってみましたが、この有様。もう一回やり直してみます。

寸法はいいとおもう。高森探査計画……

 んまあこんな感じでよさげな下書きは出来たんですが、切り出す自信は全くなので……

文明

 結局カメオに寸法丸写しで切り出してもらいました。ありがとうぐりとま。

んで、これをいいかんじに接着して隙間埋めとかしたらようやく塗装です。長かった……

 ちなみにこれヨンナナとかエレクトリーチカとかと並行してバリバリ受験期につくっています。埼玉大とか法政大落ちました。自業自得。受験生はちゃんと勉強、しよう!!おにいさんとの約束だぞ!!!

かっこいいねー

若草色。ところで高森のあーちゃんっていいですよね。

 まあそんなこんなで完成です。完成当初は方向板なしでしたが、後日追加しておきました。えらい。

こんなもん。かなり昔の仕様のはず。

方向板つけました。えらい。

 というわけで今回はここまで。お酒はいってるのでかなりめちゃくちゃだと思いますが知りません。放送開始まであと40分くらいあるので適当にデレステでもやって時間潰しますかね。

Trancing Pluseやろ……